電話エッチ

電話エッチ


Hなチャット
セックスしてーよ!セックスくれよー!ウーマンのマンはマンコのマンじゃー―!
と、高校時代に受験勉強をしながら悶えまくった記憶は諸君らにはないだろうか?辛く苦しい受験勉強から逃避したい、そう言う気持ちが海綿体を刺激して「息抜きにはセックスが必要だよ」と性欲が悪魔のささやきをしてくるのが、多感な高校時代と言うものだ。
そうなったら、センズリしかない。とにかく、センズリで股間様の欲情をお収めして、受験勉強に戻るしかない。僕にとっての受験勉強は常に性欲との戦いだった。
つまり、僕にとってのオナニーとは現実からの逃避でしか過ぎなかった。女の子のおっぱいとおケツを想像してグイングインと腰をグラインドさせている時だけ、現実を忘れられたのである。
そして、それは成人してからも変わりはない。交友関係や仕事などで壁にぶち当たったり選択を迫られるシーンで、僕は必ず勃起した。オナニーに逃げろ!と体が言っているのだ。上司に仕事のことで叱られている間もひたすら勃ち続けている自分が情けなく思った。
そこで僕は対策として、電話エッチを始めた。辛い場面で勃起するのは性欲発散ができていないからだ。ならば、別に性欲放出の場を求めればいい。
しかし、何も心理的圧迫がない状況で、既に僕は勃たなくなっていた。オナニーを手段ではなくて目的にするには、新たな刺激が必要であり、それには電話エッチが最適だった。
風俗や出会い系のように生の女性と接するにはいささか度胸が必要であり、電話口だけの会話とエッチである電話エッチはお手軽でもあり、また現状脱却の一助になると信じて、僕はその手のサイトで電話エッチ相手を探した。
こうして、初めて知り合った人妻は「咥えてやるから汚いチンコ出しな!」と凄むかなりサドっ気の強い女性だった。
「若いくせに半勃ちしかしねーのか。情けない野郎だ」などと彼女に罵られながら、僕はフル勃起していた。
現実逃避と言うか、単に自分はマゾっ気が強いことに気づかされた電話エッチでの一幕だった。
オナ指示掲示板
エッチな電話

I BUILT MY SITE FOR FREE USING